上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『土鍋で炊いた味がする』
と言うフレーズはよく目にしますが
本当に美味しいの?という疑問がわきまして、少し試してみました。
土鍋はなぜか家にあったので、後は炊くだけ。
炊き方自体は簡単です。
お米を普通に研ぎ、お米の1.2倍の水に浸して30分~1時間おいた後、火をかけて沸騰させ、後は弱火で15分。
これだけです。
内蓋が付いていないタイプの土鍋だと密封性が低いので、蓋の周りにフキンをぐるっと一周させると良いらしいです。


で、炊けたのですが、確かに美味しいですね。
段違いというわけでもないのですが、体が美味しいと感じるのか、はたまた物珍しさからか、ご飯をおかわりしたのは久しぶりでした。

ただ、気になるところもあって。
吹きこぼれるのでキッチンの掃除がちょっと面倒なのと
ナベにご飯がひっつくこと。

土鍋自体には興味がわいたので少し検索してみましたが
『四日市万古焼 炊飯土鍋内蓋付 大黒 4合炊き』
が内蓋ありで吹きこぼれない、内側にメモリが付いている、1合ごとのサイズがあるなど、評判も良いみたいでちょっと欲しくなったのですが、こちらの製品もやはりご飯のひっつきがあり、炊飯器で炊くよりロスが多いとのレビューが。
水につけておくと簡単に剥がれるとのことですが、やはり気になります。

普通のナベとしても使えるので、別に買ったところで損は無いのですが、どうしようかな・・・



-------------
炊飯 大黒 ご飯土鍋4合炊き(二重蓋) 万古焼
商品の仕様
サイズ:最大幅27.5×口径22.5×高さ21cm
万古焼(萬古焼)【三重県四日市市】
内側にお水の分量を量る線がついているので、安心です。
ご飯の炊き方レシピ付いてます。
お値段5千円前後
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deafness2.blog68.fc2.com/tb.php/317-d4208957
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック