上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、RICOH PXを購入してから1週間ほど、それなりに使用してみたので、その感想とかレビューとかを載せてみます。

きっかけは以前使っていたキヤノンのIXY32sを紛失したこと。
画質面で不満があったモノの、旅行などに持っていく用にはもっと良いカメラを買う予定だったので、そうなっても無駄にならないように防水&タフモデルを見ていました。

防水モデルは各社出していますが、いかにもアウトドアと言うか、ヤンチャなデザインが多いのですが
このPXは普段から使えるスッキリしたデザインが大きな決め手でした。
むろん安かったのもありますけどね。
実売1万以下とか蝶サイコー

非常に満足
とまでは言えませんが、次が出ればまたPXを買いたい位にはお気に入りです。
.

【デザイン】【携帯性】【ホールド感】
ライムグリーンを買いましたが、見た目は公式ページで見るより綺麗です。
金属光沢があって、生意気なくらい高級感あります。
サンプルより実物のが綺麗ってパターンも珍しいですね。
ツルツルな上真っ平らなので、操作中もちょっと気になりますが。
耐衝撃性に興味が無くても、プロテクションジャケット買った方が良いかも。

手やストラップの映り込みは気をつける必要あり。
ただ、液晶で確認できるので、たいした問題では無い。
成人男性の標準より手が大きい人なら、もうちょっと問題か。

【画質】
あんまりよくない。
レンズが暗いからか、撮った写真もなんだか薄暗く、SS稼げないのでISO上げざるを得ない。
が、日常や思い出の記録用には十分。
オートISOの上限を設定できるので、800にしています。
400にしたらシャッタースピード1/13とか日中の屋内では平気で出るので、ちょっと自分には使いこなせないと思いました。
もちろん、屋外ならISO100でも余裕ですけどね。

【液晶】
輝度最大にしていると液晶も悪くない。
バッテリーの持ちが心配ではありますが。
でもやっぱり不満、次は46万ドットくらいにして欲しい。

【操作性】
最初戸惑いましたが、説明書読んで理解すると使いやすい。
レスポンスも良好でキビキビ動きます。
しかし、AFの挙動はすごくゆったり。

撮影モードと露出、セルフタイマーはワンタッチで変更できますが、ISO弄るにはメニューから。
SSは花火撮影を選ぶと2秒、4秒、8秒が使えるようです。
リコーにSS好きに変えられるようにしろって要望しておきました。

良い点
・普段から使えるスッキリしたデザイン
・ボタンのクリック感が固すぎず柔らかすぎず、誤操作の心配も無い。

悪い点
・AFが凄いゆったり、性格や被写体によってはイライラ
・指などの映り込み。(次機種ではレンズ位置の工夫を

もっと画質の良いカメラは、シグマ社のDP2 Merrillなんかを考えています。
ソニーも一体型カメラを出すとの噂ですし、こちらも気になりますね。
まだどちらも発売まで少し間が開きそうですが、今から楽しみです。
それまではリコーPXで楽しみたいと思います。

コンビニ弁当
この日は風が強かった
意図せず人が写ったが気にしない
もうすぐ咲きそう
夜景を撮る機会が無い・・・
近所もよく見ると綺麗な花が




スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://deafness2.blog68.fc2.com/tb.php/322-106bfc86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック